学校長挨拶

学校法人【高知学園】は、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、短期大学、リハビリ テーション学院

《信頼される人物の育成》 を建学の精神に

 本校は明治32年(1899年)、現在の桜井町に創立された「江陽学舎」に端を発しております。昭和31年に学校法人の名称を高知学園に変更するとともに、校名も高知高等学校・高知中学校に改称、その翌年には校舎を現在の北端町に移転し、平成31年春をもって、創立120周年を迎えることができました。

 この間、高知幼稚園及び高知小学校の設立、高知学園短期大学の設置、リハビリテーション学院の開校、31年4月には日本初の専門職大学の開学に至るなど、県下唯一の総合学園に発展してまいりました。歴史と伝統を誇る学園です。

 本校の一日は「世界の鐘」の音とともに始まります。この鐘は、1957年、本校を現在の地“旭ケ丘”に移転したおり、世界各国の学校に呼びかけて銅貨(コイン)の寄贈をお願いし、《世界の平和と友愛》の願いを込めて造られたものです。この鐘には、次の銘が刻まれております。

《 この鐘の音のとどろくところ
永遠の真理と希望にかがやき
世界の平和と友愛にみつ 》

この鐘が本校のシンボルとなっており、その精神が校歌にも謳われています。

♪♪黒潮かおる 自由の土佐に
萌えたつ緑の 鷲尾嶺こえて
世界の鐘がとどろきわたる…♪♪
世界の鐘

 現在は、さらに広く世界に呼びかけて作られた二代目の鐘が、朝夕に旭ケ丘に響き渡り、生徒と教職員が心を一つに学んでおります。

 「世界の鐘」の高い理想のもと《信頼される人物の育成》を理念に掲げ、個性の伸長と社会における自立を目指して育成に当たってまいりました。部活動が活発なことは開校以来の歴史となっており、現在においても、多くの生徒がそれぞれの部活動に励んでいます。全国制覇の歴史を誇る部は数多く、百年の伝統を誇る部活動もあります。現在も、いくつかの部活動が高知県を代表し、全国を視野に入れた活動・練習に励んでおります。

 本学園ならではの取り組みとして、高知リハビリテーション専門職大学や高知学園短期大学との交流・連携による授業の他、進学面では独自の対応を行っております。また、高知小学校、高知幼稚園での体験学習や交流学習なども可能であり、進路学習面における本校のメリットとなっています。

高知中学校・高知高等学校長 森  曉 高知中学校・高知高等学校長 森  曉

令和元年5月1日
高知中学高等学校長
森  曉

 これまでの卒業生は二万四千人を数え、県内はもとより広く国の内外で活躍されています。卒業生の母校に寄せる思いはたいへん熱く、高い期待とご支援をいただくなか、本校は更なる躍進への一歩を重ねております。

トップへ戻る